酵母菌の効果

酵母菌の効果や酵母の働きを考える

 

酵母は微生物の一種で『酵母菌』と呼ばれる、カビのようなものなんですが、
パン酵母やビール酵母など、
食品の加工菌として使われています。

 

ヨーグルトやキムチにもたくさん使われているんですが、
そういった食品に対して酵母は、「発酵」という働きを促す作業をしています。

 

ヨーグルトや納豆、パンなどだとわかりやすいと思うんですが、
酵母菌が「発酵」を促して、食べ物の旨みを増してくれます。

 

パンをよく自宅で作るんですが、
パンの生地に酵母菌を混ぜて、冷蔵庫でねかす(発酵させる)と、
酵母菌の働きによってパンが倍ほどに膨らむんですよね。

 

私には昔からその工程が不思議で仕方がありませんでしたが、
その膨らみも酵母菌の働きによるものだったんですね。

 

 

人の身体の中にも、酵母は存在しています。
俗に言う「酵素」と呼ばれるもので、酵母は酵素の大元のようなものです。

 

酵素とは、体内で消化や吸収、代謝の働きをしてくれるもので、
酵素が働くからこそ、アミノ酸やビタミンなどの栄養を吸収し、エネルギーに変えて、
身体を動かすことが出来ます。

 

酵素と酵母は体内で重要な存在であり、
どちらかが欠けると、人は生命維持活動ができなくなってしまいます。

 

 

体内の酵母菌の代謝物から、酵素は生まれる為、
酵母がなくなれば酵素の働きもストップします。

 

 

体内での酵母菌の働きも、食品に対する働きと同じく、
糖分をアルコールやガスに分解すると言うもの。
人も酵母菌を摂取すれば、糖質を分解してくれて、カロリーの吸収を抑えることが出来ます。

 

また、酵母菌には、体内での整腸作用もあります。
腸内での酵母菌は、『善玉菌』として働きます。
善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて、腸内の環境を整え、血液の流れさえも良くしてくれます。

 

 

酵母菌を体内に取り入れるということは、
そういった効果や酵母菌の働きを得るという事であって、
健康やダイエットに良いということが良く分かりますね。
(※酵母で痩せるダイエットがあるのもそういうった理由ですね。)

 

パンって消化は良いんですけど、結構満腹感を得られる食べ物ですよね。
ビールなんかも、「ビールを飲みながら食事はできない」という人が多いと思うんですが、
ビールは飲むだけでも満腹感が出てきます。

 

ビールでお腹いっぱいになるのは、炭酸の影響だと思ってたんですけど、
実はそれも、ビールに含まれている酵母菌の働きによるものらしいんです。

 

酵母菌が糖質を分解する時に創り出すアルコールや炭酸ガスが、
満腹感に影響しているんだとか…
そして、酵母菌に含まれているミネラルの一種である「クロム」という成分が、
空腹を抑える効果があるそうですね。

 

 

酵母菌の働きを考えると、
まさに「ダイエットの為に存在してるんじゃないか」と思ってしまうほど、
ダイエットに取り入れたい働きや効果ばかりですね。

 

【こちらもチェック!】
酵母菌ダイエットと言えば「カメヤマ酵母」

詳細はコチラ


このページの先頭へ戻る