痩せない理由

痩せない理由とは?

 

ダイエットをしても痩せないからと言って、ダイエット食品のせいにしたりしていませんか?
ダイエットに失敗する人には必ず、痩せない理由があります。
その理由を回避しなければどんなダイエットをしても失敗続き、無駄に終わってしまいます。

 

 

そもそもダイエットは、消費カロリーと摂取カロリーのバランスから成り立っています。
摂取した分のカロリー以上を消費するからこそ、痩せるわけであって、
そのバランスを考えなければ、痩せない理由も解けません。

 

 

 

 

「カロリーの摂りすぎ」、または「消費しなさすぎ」
よくあるダイエットの失敗例です。

 

肥満の方の大抵が、消費カロリーより摂取カロリーが多く、
消費されずに残ったカロリーが、身体に蓄積している状態です。

 

摂取カロリーを抑えるということは、食事を制限する事。
消費カロリーを増やすということは、運動をしていくという事。

 

どちらもできないからこそ、痩せないんです。

 

また、筋肉量が著しく少ない人は、
消費カロリーもかなり少ない傾向にあります。

 

普段からあまり運動をしない人は、筋肉量も少なく、
カロリーも消費されにくいという悪循環を起こしています。

 

 

普段から少しでも身体を動かすことで、
筋肉量の低下は避けることが出来ます。
心肺機能を鍛えて、簡単に普段の生活に取り入れられるような運動を続けることで、
身体は痩せやすくなっていきます。

 

 

 

 

消費カロリーや摂取カロリーのバランスが良くても、
痩せない理由はまだまだたくさんあります。

 

中でも多いのが、『偏食』や『夜食』
食べるからこそ太るのであって、食生活を見直さないでダイエットをすることは出来ません。

 

カロリーをいくら抑えていたとしても、
バランスの悪い食事では、身体は不健康になり、余分なものが溜まりやすい身体になります。
カロリーばかりを気にして、バランスを考えない食事はやめていきたいですね。

 

また、夜食は一番太る原因であり、ダイエットに失敗する人は夜食の定義さえ理解していない人が多いと思います。

 

 

夜遅い時間に食べることだけが夜食ではありません。

 

『入眠する3時間前』に食べたものを夜食と言い、
眠る前に消化しきれていない食べ物が胃の中にあるからこそ、太る原因となっているんです。

 

昼間は身体が活動しているので、食べたものもすぐに消化・代謝していきますが、
眠っている間は、身体は休んでいる状態。内臓も休みは必要です。

 

ダイエットをする際は、食べる時間や食べる物にも注意してみてください。

 

 

ここまで、『食事をするから太る』というような言い方で述べてきましたが、
では、食べなければ痩せるのか、と言えば、そうではありません。
1日3食食べるのが人間の基本であって、
食べなければ体調を壊すのは当たり前、もし断食などして食事を我慢してしまうと、
後々怖いのは『暴飲暴食』です。

 

 

痩せないのには必ず理由があります。
食事に対しても運動に対しても、必ずダイエットに良いであろう生活習慣はあるので、
自分に合うダイエット生活を考えてみてください。


このページの先頭へ戻る